ef16e271de31aa21f8d2e06e6fb7b4df_m

日本ではクレジットカードの国際ブランドとしての知名度はVISAのほうがマスタカードよりも高いように思えます。これはブランドをに保温で展開した時のやり方の違いによるものです。VISAは三井住友カードに独占的にVISAブランドを供与して、三井住友VISAグループとしてVISA単独ブランドを展開しています。一方でマスターカードは銀行系クレジットカード会社三社とブランド提携して展開をしました。

この三社のシステム連動がうまくいかず加盟店によっては使えないマスターカードがありました。また、古いクレジット端末を置いている加盟店でも使えないカードがあるというマイナーマスター問題も発生しています。時間とともにこれらの問題は解決していますが、当初のつまづきが知名度の差となりました。

しかし、マスターカードも世界的なキャンペーンを行って知名度を高めています。日本でも「プライスレス」をキーワードとしたTVCMが流れた時期がありましたが、このCMをきっかけにマスターカードの知名度はかなりたくなった印象があります。

マスターカードのホームページを見ると今でもプライスレスがキーワードとして使われています。まさに知名度を高めたプライスレスなキーワードと言えます。

日本におけるマスターカード

投稿ナビゲーション