de530fead0dc573dac1be2e6a0d3131c_m

マスターカードと提携している日本のクレジットカード会社は数多くあります。日本で国際カードが発行され始めたころは、VISAブランドは三井住友カードとほぼ独占的な契約をしていたので、マスターカードと提携したクレジットカードがほとんどでした。

JCB以外のクレジットカード会社は国際ブランドと提携しなければ、海外で利用できるクレジットカードをできません。そのためVISAとの提携が解放された現在でもマスターカードと提携しているクレジットカード会社も多いのです。

VISAと提携しているクレジットカードとマスターカードとの提携カードには多少違いがあります。SBIカードといった子以降のクレジットカード会社ではマスターカードと提携しているケースがほとんどです。SBIカードのVISAカードは一時期存在していました、現在はマスターカードのブランドのみとなっています。

また消費者金融系のクレジットカードもVISAブランドがなく、マスターカードのみです。こうした点を考えるとVISAの提携基準はマスターカードよりも高いという気がします。やはり日本では知名度が劣るためマスターカードは提携基準を幅広くしているのでしょう。

マスターカードの提携カード

投稿ナビゲーション