0c85ea536a1b115eb5b8405244b484c4_m

VISAとマスタカードは同じ国際ブランドとしてよく比較されています。国際ブランドとしての立ち位置がほとんど同じなので、お互いのライバル意識も高いようです。VISAとマスタカードのブランド価値には決定的な違いはありません。以前はVISAはアメリカ、マスターカードはヨーロッパに強いといわれていましたが、現在では地域による違いはさほどありません。

加盟店数もほぼ同じでVISAが使えるお店はマスターカードもつかるようになっています。マスターカードが使えるATMもVISAが使えるATMもほとんど同数です。サービスのネットワークで考えるとVISAとマスターカードはほぼ同じです。

国際ブランドの価値はどれだけ多くの加盟店やATMで利用できるかという点にあります。マスターカードはその点においては世界でもトップクラスの国際ブランドであることは間違いありません。VISAとマスターカードの違いはサービス面ではなくその知名度にあるかもしれません。

国や地域によってその知名度に多少の違いがあるという程度で、国際ブランドとして大きな違いはないというのが実際のところでしょう。日本ではVISAのほうがマスターカードに比べると知名度は高いようです。

VISAとマスターカード

投稿ナビゲーション