海外のATMは両替所よりも数が多くVISAブランドでも使えるATMが普及しています。VISAのATMネットワークは全世界に100万か所以上あるといわれています。VISAののネットワークをPLUS(プラス)と呼んでいますが、このネットワークのATMにはPLUSのマークがついています。

マスターカードにも同じネットワークがあり、Cirrus(シーラス)と呼ばれていますがPLUSとほとんど共通しているので、VISAのPLUSとマスターカードのCirrusのマークが両方ついているATMがほとんどです。しかし、日本ではこれらのマークがあるATMは限られています。

日本でPLUSやCirrusマークがあり、海外クレジットカードも利用できるATMはセブン銀行、ゆうちょ銀行、JR東日本の駅にあるVIEW ALTTE(ビュー・アルッテ)というATMだけです。都銀や地銀といったATMではほとんど利用できないのが現状です。これはVISAやマスターカードの磁気ストライプの仕様が日本と違うことが要因です。

しかし、2020年のオリンピックに向けて銀行も協力して海外クレジットカードに対応したATMの設置することを前提として重い腰を上げています。これが実現すれば外国人観光客の利便性につながり、観光客も増えるかもしれません。

VISAが使えるATM

投稿ナビゲーション


VISAが使えるATM” への1件のフィードバック

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です