4aee6338f07fff07d08414859774be01_m

最近よく使われるようになってきたのが、VISAデビットカードです。キャッシュカードでショッピングができるのがデビットカードですが、VISAブランドが付くことで海外利用もできるメリットがあります。海外でのショッピングはもちろんですが、ATMを利用すれば現地通貨で預金の引き出しができます。

クレジットカードのキャッシングを利用するよりは金利もかからないため、現金が必要な時はVISAデビットカードを利用して、ショッピングはポイントが貯まるクレジットカードを利用するという使い分けをすると便利です。VISAデビットカードは審査もなく18歳以上であれば高校生でも作れますが、そのためポイントサービスや付帯保険などはありません。

デビットカードは日本ではJ-Debitが古くからデビットカードのサービスを提供していました。都銀や地銀のキャッシュカードは申請や登録も不要でJ-Debit加盟店でのショッピングが可能です。しかし、これは国内だけの利用に限られます。

VISAデビットカードはそれまでの日本のデビットカードの概念を大きく変えて、クレジットカードの代わりとしても利用できるほど普及しています。特に審査が不要という点が手軽に利用できて普及した理由の一つでしょう。

VISAはクレジットカードだけではない

投稿ナビゲーション